おまとめローンVS債務整理

カードローンの返済が間に合わず、生活苦におちいっている人もいます。現在カードローンの金利は大幅に下がっていますが、複数から借入れをするなどの理由で、毎月の返済の負担が大きすぎる人もいるのです。

 

借金苦に耐え切れず債務整理に走る人もいますが、毎月の返済の負担を減らすのであればおまとめローンという手段もあります。それぞれメリットとデメリットはあります。

 

まず債務整理については、ギャンブルによる散財などでなければ基本的に手続きが可能ですが、おまとめローンには審査があります。審査に通らなければおまとめローンによる1本化はできません。

 

債務整理の方が借金の額を直接減らす、または無くす手続きができるので、返済だけでみれば有利な条件となります。おまとめローンは残債を直接減らす交渉をするわけではありません。返済の負担は減りますが、それは金利が低くなるのがその理由となります。

 

こうしてみると自由に行えて借金が直接減らせる債務整理が有利に見えます。しかし、債務整理を行うと、場合によっては自分の財産を手放す場合もあります。手続きもおまとめローンのように簡単ではなく、裁判所の手続きが必要な場合もあります。そして、債務整理の場合、手続き後一定期間はローン契約などの制限がかかります。

 

やはり今後のことを考えれば、返済ができる状況にあるならおまとめローンを利用すべきです。おまとめローンは何も難しい手続きは不要となりますので、ネットで手続きを進める返済を減らすおまとめローンで借り入れを一本化しましょう。